CRAFTSMANSHIP

ものづくり

藤高の品質を支えているのは、100年の歴史が育てた多くの熟練工です。一人ひとりが今治のタオルを愛し、自分の工程に誇りを持って取り組んでいます。

1.綿花糸に合う原料を選ぶ

「本当にいいものを作るために
専用の糸を企画する場合もあります。
例えばF100というタオル。手摘みの
本当にいい綿をインドで見つけたんです」

2.染色染料を調合し糸を染める

「大変なところ? 同じ染色でも、
少しの違いで色が変わるところですね。
水質や気温の変化でも
色味が変わる、繊細な作業です」

3.整経糸を整え織る準備をする

「設計図通りに糸を巻くこの作業、
糸の違いや模様で巻き方が全然違って、
かなり腕がいります。手早く均一に
巻くには、経験が大事ですね」

4.製織織機を操りタオルを織る

「何十年も織ってるのに、同じタオルでも
織るたびに調整が違う…タオルって
まるで手のかかる子供のよう」
「技術を若手に伝えていきたいです」

5.企画図案作成やタオルの設計

「私たち企画メンバーみんな、
ものづくりが
大好き。タオルの工程は
複雑で奥深いですが、
イチから
創れる楽しさがあります」

6.後洗い糊をぬき風合いを出す

「水だけでなく化学工程が複雑に
絡む、
面白くも難しい仕事です」
「今治で一番きれいな水で
加工している
自負があります」

7.縫製タオルを縫製しタグ付け

「縫製方法も、タオルによって
微妙に
違います。
腕と集中力が試されますが
縫えた時の達成感が好きです」

8.仕上げ丁寧にたたみ箱詰め

「最終工程の私たちも責任重大!
もらった人が嬉しくなるよう、
タタミ方も
箱の入れ方も、
“丁寧に綺麗に”を忘れません」